トップページ » ドクターズインタビュー » 河田 真作先生

ドクターズインタビュー

河田 真作先生 河田外科形成外科 河田 真作先生

所在地:〒700-0903 岡山県岡山市北区幸町4-12

電話番号:086-225-2500

クリニックホームページはこちらから

http://www.kawada-keisei.gr.jp/

目の周囲の小じわ、弛みのレーザー治療。メスを使わない眼瞼下垂治療。

Q

マドンナリフトを導入されたきっかけは?

 

A

今まで眼瞼の皮膚切開以外では有効な治療法がありませんでしたが、炭酸ガスフラクショナルレーザーによるマドンナリフトは上まぶたの弛みや小じわに対して、有効な治療法として期待できると思い導入しました。
 

Q

先生は外科手術もされますが、手術と比べて、効果・ダウンタイムはどのように違いがありますか。

 

A

外科手術は効果が確実で1回の治療で終了しますが、マドンナリフトは数回の治療が必要になります。ダウンタイムは、外科手術の場合腫れが引くのに約1か月かかりますが、マドンナリフトは1週間以内に日常生活の支障はなくなります。
 

Q

どのような患者さんにこの施術を勧められていますか?

 

A

目のまわりの弛みと小じわを気にしているが、外科的手術はしたくない方。1週間までの軽い腫れや赤みなどのダウンタイムは大丈夫な方にお勧めしています。
 

Q

施術を受けられた患者さんの反応はどうでしょうか?満足度は?

 

A

効果については肌質の改善、皮膚の張りは1回の治療でも実感でき満足されています。眼瞼下垂に関しては、3~5回の治療で満足度が高くなる印象です。周囲から目が大きくなったと言われたケースが目立ちました。
 

Q

ダウンタイムを危惧される患者様もいらっしゃると聞きますが、その点について先生はどのように対応されていますか

 

A

思ったより施術後の赤み、腫れは気にならなかったという方が多く、ダウンタイムは4~5日程度とカウンセリングでお話をして予想していた範囲内であれば問題ありません。施術後24時間でお化粧をすればほとんど目立たなくなります。
 
マドンナリフト MADONNA LIFT
  • メディア情報
  • クリニック検索
  • 医療機関の方へ